Blog

ワシントン州大麻協会

Jul 10, 2014 · アメリカ西部のワシントン州で8日、嗜好品としての大麻の販売が解禁され、この日オープンしたシアトルの店などには多くの客が訪れました。 全面解禁はコロラド州に続いて2州目です。 「興奮しているし、本当に幸せだわ」(大麻を購入した客) 大麻合法化後の犯罪率を調査した結果、まったく影響がないこと … この研究では、コロラド州とワシントン州で嗜好用大麻が合法化されてからの犯罪率を調査しています (1) 。 この2つの州は嗜好用大麻を初期段階で合法化した州なので、大麻による長期的な影響をもっとも受けている州だということです。 【アメリカ】大麻の合法化以降、ワシントン州で自動車事故が急 … ワシントン州では大麻が合法化されて以降、大麻使用歴のあるドライバーが関連している自動車の重大な衝突事故が倍増している。 だがドライバーによる大麻使用量の上限は”任意”とされており、事故との関連について科学的裏付けはない。 ワシントン州議会が産業用大麻の栽培を許可する法案を可決 2019.04.25 Bill permitting industrial hemp production approved by Washington Legislature written by Fox 28 Spokane. ワシントン州議会は、産業用大麻の大規模な栽培、また、ワシントン州の農家にとってかつては禁止されていた作物がビジネスに変わることを許可する法案に最終承認を下した。

米カリフォルニア州は1日、大麻(マリファナ)の使用を合法化した。米国では大麻を解禁する州が相次いでいるが、影響力の大きい

大麻の合法化以降、ワシントン州で自動車事故が急増 因果関係は … ワシントン州では大麻が合法化されて以降、大麻使用歴のあるドライバーが関連している自動車の重大な衝突事故が倍増している。だがドライバーによる大麻使用量の上限は“任意”とされており、事故との関連について科学的裏付けはない CANNABIS MAP | 日本医療大麻協会

アメリカのヘンプ(産業用大麻)推進団体 Vote Hemp によると、2018年にアメリカは世界のヘンプ栽培国のトップランクに入りました。同国のヘンプ栽培面積は3倍の伸びを記録し、合計78,176エーカー(約31,000ヘクタール)に達しています。

そして現在、コロラド州ともう一つの大麻合法州であるワシントン州へ押し寄せる観光客の数が急増しており、新たな観光産業を盛り上げている。旅行者も楽しめて、州政府にも豊かな税収入をもたらす大麻 … AISホーム その中でも,ワシントン州 日米協会は,1923年の創設以来一貫して日本とアメリカの相互理解の促進 に尽力されています。 ワシントン州日米協会が主催するこのプログラムを通じて,多くの子どもた ちがアメリカの生活に関心を持ち,日米交流の一層の アメリカ大麻ツーリズムが大盛況 日本人参加者の吸引現場に潜入 … 今では11の州で一定量の大麻を私有地で消費することが可能であり(ただし21歳以上に限る)、バーモント州、首都ワシントンD.C.では大麻所持、栽培、シェアリングも許可されている。 ワシントンDC日米協会 - Japan-America Society of 2014年にワシントンDC日米協会は、日本の大学での短期留学をサポートするために、日米協会のH. William氏、Lily Tanaka Scholarship Endowment、the Marshall and Lispenard Green Educational Endowmentの協力のもと、タナカ・アンド・グリーン・アカデミック奨学金を設立しました。

Consulate-General of Japan in Seattle

2016年6月8日 ワシントン州では大麻が合法化されて以降、大麻使用歴のあるドライバーが関連している自動車の重大な衝突事故が倍増している。だがドライバーによる  2018年4月28日 今日、米国議会上院にて提出された法案は、産業用大麻栽培のきっかけ 州、バージニア州、ワシントン州、ウエストバージニア州、ワイオミング州。