Blog

幽霊は私から痛みを取り去る

2017年5月25日 霊的なもの、何らかの非現実的な存在が関わってくる話というですね。チンピラや鬼嫁は怖いですけど、普通に実在しますからね。むしろ実在するからこそ怖い。幽霊とちがい、チンピラは手でさわれます(不用意にさわれば殴られますが)。 2019年3月16日 人は死んだらどうなるの? スピリチュアル好きから圧倒的支持を集める桜井識子さんの著書、『神様、福運を招くコツはありますか? 幽霊を祓いたいときは神棚、塩、ローソクを用意する どこかで軽くひょいっと憑いてきた幽霊は、離れていくのも早いです。まずはそのような. その痛みと、急に叩かれて「ハッ!」となる心の動きで、  昔から私の周りには不思議な力を持った友人や知人が何人かいたので、私にはまったく見えませんが、どうやら現世がすべて 直接治療していただく時にはかなり緩和してしまってる)治療後すっかり軽くなりますが、帰宅中に虎さんのご自宅から離れると痛みが  2017年8月31日 それまで「腰が痛い」とか、「からだがダルイ」などと言ってベッドに横になっている時間が長かった母が、震災で飛び起きて以来シャキっと元気 そして、話がひとしきり落ち着くと、母は幽霊に向かって「早くお墓に帰りなさい」と言って墓に戻す。 2012年2月19日 MUSIC & MOVIE: 米津玄師(Kenshi Yonezu) 1st Album『diorama』2012/5/16(Wed) RELEASE DGLA-10016 2500yen(tax in) HP → http://reissuerecords.net/ twitter → https://twi

2018年1月28日 私が東北で出会った金田諦應(かねた・たいおう)住職は、津波に呑み込まれた死者の魂の除霊について教えてくれた。幽霊を見たという話が被災者のあいだでささやかれるようになったのは、震災の年の秋になってからのことだった。が、金田住職のもとに最初に〝 はじめは申しわけなさそうにぽつりぽつりと、次第に滔々と、被災者たちは津波の恐怖、家族を亡くした痛み、将来への不安を語った。さらに、超自然的な 

クレタ島では、ケシ↑の実(催眠性ケシ)の皮膜から抽出した液体の鎮静作用が知られていた。 →参考1/2 人身鳥首の神トートから医学を授かったとされる。200種の病気の診断と治療に関する教科書を著した。 Imhotep の医療場所と 彼は患者の痛みを取り去ったという。 BC26C頃( の指に現れた。右腕切断後に幻の手に指が食い込むような感覚を経験したが、「この幽霊は魂が存在する直接の証である」と割り切って克服した。

2012年2月19日 MUSIC & MOVIE: 米津玄師(Kenshi Yonezu) 1st Album『diorama』2012/5/16(Wed) RELEASE DGLA-10016 2500yen(tax in) HP → http://reissuerecords.net/ twitter → https://twi

2017年5月25日 霊的なもの、何らかの非現実的な存在が関わってくる話というですね。チンピラや鬼嫁は怖いですけど、普通に実在しますからね。むしろ実在するからこそ怖い。幽霊とちがい、チンピラは手でさわれます(不用意にさわれば殴られますが)。 2019年3月16日 人は死んだらどうなるの? スピリチュアル好きから圧倒的支持を集める桜井識子さんの著書、『神様、福運を招くコツはありますか? 幽霊を祓いたいときは神棚、塩、ローソクを用意する どこかで軽くひょいっと憑いてきた幽霊は、離れていくのも早いです。まずはそのような. その痛みと、急に叩かれて「ハッ!」となる心の動きで、  昔から私の周りには不思議な力を持った友人や知人が何人かいたので、私にはまったく見えませんが、どうやら現世がすべて 直接治療していただく時にはかなり緩和してしまってる)治療後すっかり軽くなりますが、帰宅中に虎さんのご自宅から離れると痛みが  2017年8月31日 それまで「腰が痛い」とか、「からだがダルイ」などと言ってベッドに横になっている時間が長かった母が、震災で飛び起きて以来シャキっと元気 そして、話がひとしきり落ち着くと、母は幽霊に向かって「早くお墓に帰りなさい」と言って墓に戻す。 2012年2月19日 MUSIC & MOVIE: 米津玄師(Kenshi Yonezu) 1st Album『diorama』2012/5/16(Wed) RELEASE DGLA-10016 2500yen(tax in) HP → http://reissuerecords.net/ twitter → https://twi

2018年1月28日 私が東北で出会った金田諦應(かねた・たいおう)住職は、津波に呑み込まれた死者の魂の除霊について教えてくれた。幽霊を見たという話が被災者のあいだでささやかれるようになったのは、震災の年の秋になってからのことだった。が、金田住職のもとに最初に〝 はじめは申しわけなさそうにぽつりぽつりと、次第に滔々と、被災者たちは津波の恐怖、家族を亡くした痛み、将来への不安を語った。さらに、超自然的な 

クレタ島では、ケシ↑の実(催眠性ケシ)の皮膜から抽出した液体の鎮静作用が知られていた。 →参考1/2 人身鳥首の神トートから医学を授かったとされる。200種の病気の診断と治療に関する教科書を著した。 Imhotep の医療場所と 彼は患者の痛みを取り去ったという。 BC26C頃( の指に現れた。右腕切断後に幻の手に指が食い込むような感覚を経験したが、「この幽霊は魂が存在する直接の証である」と割り切って克服した。