Blog

大麻ワークショップロサンゼルス

2019年10月2日 嗜好用マリフアナが合法化されている米カリフォルニア州のロサンゼルスで、全米初となる大麻カフェ「ロウェル・ファームズ:カナビス・カフェ」が開店した。産地直送の素材を使った料理を提供し、店内では大麻が吸引できる。 2019年4月4日 そこで、初めてLAダウンタウンにあるマリファナショップへ。初の訪問はドキドキ・・・一人では少し不安なので、アドバイザーのBlue Dreamzさんにもお願いして同行していただきました。 「初めてのショップ訪問にあたり忘れてはいけないのは、  2019年6月20日 カリフォルニアで嗜好用大麻が解禁された2018年以降、街中で頻繁に見かけるようになったものがあります。それは、マリファナ関係の看板( 何十とあるロサンゼルス市内のマリファナデリバリーショップから注文ができます。デリバリー料金は  5 日前 マリファナ(大麻)ビジネスと一言で言っても、栽培用の設備や備品、管理用のソフトウェア、業界に特化した会計システム、弁護士、法律の ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中! Vol.024:Shopifyのワークショップ「Email Market  2019年7月8日 プロローグ1「エデンの西 LA大麻ツアー2019」を読む fnord 暗闇が戻ってくる。私は暗闇を眺めている、ということ メディア環境、身体、オカルティズムと文化潮流をスコープとし、翻訳 / 執筆 / ワークショップを展開。翻訳: レイチェル・ポラック「 

2018年10月24日 メモ.

2019年4月4日 そこで、初めてLAダウンタウンにあるマリファナショップへ。初の訪問はドキドキ・・・一人では少し不安なので、アドバイザーのBlue Dreamzさんにもお願いして同行していただきました。 「初めてのショップ訪問にあたり忘れてはいけないのは、 

歩いていると、同じ緑の看板でよくわからないお店が数件あります。 ここはマリファナを売っていて中で吸うことができます。 様々なイベントやショップが並んでいて、それを見て歩くのが楽しいです。ここには、砂浜の一部に スケボーの練習場があって、若者が 

歩いていると、同じ緑の看板でよくわからないお店が数件あります。 ここはマリファナを売っていて中で吸うことができます。 様々なイベントやショップが並んでいて、それを見て歩くのが楽しいです。ここには、砂浜の一部に スケボーの練習場があって、若者が  2019年10月2日 [ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米カリフォルニア州ロサンゼルスのウエストハリウッド地区に1日、マリフアナをオープンに消費できる全米初の大麻カフェ「ローウェル・ファームズ」が開店した。 2019年10月2日 嗜好用マリフアナが合法化されている米カリフォルニア州のロサンゼルスで、全米初となる大麻カフェ「ロウェル・ファームズ:カナビス・カフェ」が開店した。産地直送の素材を使った料理を提供し、店内では大麻が吸引できる。 2019年4月4日 そこで、初めてLAダウンタウンにあるマリファナショップへ。初の訪問はドキドキ・・・一人では少し不安なので、アドバイザーのBlue Dreamzさんにもお願いして同行していただきました。 「初めてのショップ訪問にあたり忘れてはいけないのは、  2019年6月20日 カリフォルニアで嗜好用大麻が解禁された2018年以降、街中で頻繁に見かけるようになったものがあります。それは、マリファナ関係の看板( 何十とあるロサンゼルス市内のマリファナデリバリーショップから注文ができます。デリバリー料金は  5 日前 マリファナ(大麻)ビジネスと一言で言っても、栽培用の設備や備品、管理用のソフトウェア、業界に特化した会計システム、弁護士、法律の ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中! Vol.024:Shopifyのワークショップ「Email Market  2019年7月8日 プロローグ1「エデンの西 LA大麻ツアー2019」を読む fnord 暗闇が戻ってくる。私は暗闇を眺めている、ということ メディア環境、身体、オカルティズムと文化潮流をスコープとし、翻訳 / 執筆 / ワークショップを展開。翻訳: レイチェル・ポラック「 

5 日前 マリファナ(大麻)ビジネスと一言で言っても、栽培用の設備や備品、管理用のソフトウェア、業界に特化した会計システム、弁護士、法律の ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中! Vol.024:Shopifyのワークショップ「Email Market 

2018年10月24日 メモ. 2019年1月18日 例えば、ロサンゼルスは都市としてマリファナショップの営業を認めているものの、ビバリーヒルズなどのローカルエリアのルールではその存在は違法になってしまうとのこと。州が認めたからといって、どこでもビジネスができるわけではないの  歩いていると、同じ緑の看板でよくわからないお店が数件あります。 ここはマリファナを売っていて中で吸うことができます。 様々なイベントやショップが並んでいて、それを見て歩くのが楽しいです。ここには、砂浜の一部に スケボーの練習場があって、若者が  2019年10月2日 [ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米カリフォルニア州ロサンゼルスのウエストハリウッド地区に1日、マリフアナをオープンに消費できる全米初の大麻カフェ「ローウェル・ファームズ」が開店した。 2019年10月2日 嗜好用マリフアナが合法化されている米カリフォルニア州のロサンゼルスで、全米初となる大麻カフェ「ロウェル・ファームズ:カナビス・カフェ」が開店した。産地直送の素材を使った料理を提供し、店内では大麻が吸引できる。 2019年4月4日 そこで、初めてLAダウンタウンにあるマリファナショップへ。初の訪問はドキドキ・・・一人では少し不安なので、アドバイザーのBlue Dreamzさんにもお願いして同行していただきました。 「初めてのショップ訪問にあたり忘れてはいけないのは、  2019年6月20日 カリフォルニアで嗜好用大麻が解禁された2018年以降、街中で頻繁に見かけるようになったものがあります。それは、マリファナ関係の看板( 何十とあるロサンゼルス市内のマリファナデリバリーショップから注文ができます。デリバリー料金は